老化とガンの関係

長生きするからガンになる

日本人の死因として、戦後どんどん増えてきている、それはなぜ?

 

人間が長生きするようになって、がんと言う病気が増えているようです。老化を防ぐ仕組みである、クラッシュアンドビルドを、長い時間繰り返しているうちに、ミスが起きる。

 

成人細胞数は、60兆個で出来ている。
最初は一つの受精卵で、細胞分裂を繰り返し、目や皮膚になり、心臓になり骨になる、体の成長で、成長がピークに達すると、それ以上増えるのを止めるのです。

 

健康な細胞は、自ら増えすぎないようにブレーキをかけます。ですが、ブレーキが壊れてしまったのががん細胞、ただただ増えて、腫瘍になります。自分が何者なのか忘れて暴走している、やがて体のあちこちに転移して影響を吸い取ってしまう、厄介な細胞なのです。

 

私たちの、体内の中で毎日ガン細胞が発生しています、ガン細胞を監視し、いち早くNK細胞く破壊します。