血管を柔らかくする方法

血管を柔らかくする方法

ごぼう茶
皮付きのまま、ささがきにして、夏では2〜3時間、冬では4〜5時間乾燥させるゴボウの先が丸くなったらOK! フライパンの中火で15分、こげ茶になったら、パックに詰めて煮出す。琥珀色のお茶になる。ゴボウの皮に含まれている成分、サポニンは、体の中をキレイにして、また傷を治す効果もあり、肌荒れやシミを改善する効果もできるそうです。 根野菜ってすごいパワーっをもってますよね。
朝食を食べない(成長期の子どもやお年寄りを除く)
1日1食で、夜食べるため、朝は必要ないのだそう。 実践している、外科の先生いわく「お腹はすくが、その空腹を感じるときに、成長ホルモンや長寿遺伝子が分泌される、、」とのことです。 でも、グーッとお腹が鳴ったら、クッキーとかは食べるみたいです。 南雲吉則先生は、お父様、叔父い様、お二人とも、心筋梗塞でお亡くなりになっているので、血管を柔らかくすることだけをストイックに考えられて実践しているのだと思います。
野菜も果物も皮ごと食べる
リンゴ、ミカン皮ごと食べると、ポリフェノールがとれる。お米も玄米、あらゆる部位を食べる。フルーツなど皮ごと食べる場合は、よく洗って食べましょう。 この皮ごと食べることで、皮に含まれている成分「ポリフェノール」がとれる。
シャワーは水
シャワーを水で浴びると、そのあと体がポカポカしてくる。 無理…Σ(・口・)