免疫力を高める睡眠

免疫力を高める睡眠術

夏の時期には、体力を維持するためにも、睡眠の質と時間はとっても大切です。

 

特に、梅雨の間に猛暑日などが入ると、体が慣れていないので、熱中症にかかりやすくなります。そして、今年は節電の夏、無理をしないでエアコンを利用して欲しいと思います。ですが、エアコンの温度管理ばかりに頼っていると、自力で体温調節することが難しくなるケースもあります。なので、やはりほどほどでエアコンも利用するのが良いと言えるでしょう。
というものの、熱中症にかからないためにも、睡眠や食事はきちんととって、免疫力を上げることが大切です。

 

夏を乗り切るには、第一にしっかり眠ること。熱帯夜が続いて熟睡できていないと感じたら、冷房をかけて熟睡しましょう。そして日中眠く感じたら、昼寝をするのは体力を維持するには役立ちます。でも、昼寝は短時間で済ませてください、普段の理想は15分と言われていますが、そのときの体力にもよるので、1時間以内にしておきます。

 

夜に質の良い眠りを得るためには、
朝日をしっかりと浴びること
ぬるめのお湯にのんびるつかる
夕食は就寝の4時間前までには済ませること

 

また、長ネギ、にんにく、玉ねぎなど含まれる成分、硫化リアルがイライラしたり興奮を抑え、沈静作用を促し眠りを誘うとされています。

 

睡眠は、毎日の体や脳の回復に重要だとされています。

 

暑い夜は、体温を調節しようとして交感神経が活発に働くため、心拍数がなかなか下がらず、眠りが浅くなりがちです。しかし、暑いからと言って、エアコンや扇風機を朝まで付けっ放しにしtれ寝ることは、かえって体によくありません。エアコンの風は、直接、体に当たらないようにしましょう。同時に、タイマーを活用するなどして、冷え過ぎや感想に注意することも大切です。

 

また、睡眠時のエアコンの設定温度は、昼間よりも1,2度高めに設定するように心がけてください。トイレに頻繁に起きる方でなれば、寝る前にコップ1杯の水分を摂り、睡眠時の水分不足を防ぎましょう。寝る直前までテレビを見ていると、映像が脳に残り、寝付きの悪さや眠りの浅さにつながるとも言われています。